読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

these foolish things

Prejudice and Fiction

Chuck Taylor -All Star


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
start












converseというのは厄介な履き物で、しかもそれがハイカットともなると もはや履くまでの時間でその日は終了である。どうして紐を解かないと履けないのか21世紀だぞ。よし、明日もconverse履こう。













かくいう私はconverseと出会って間も無い。いけ好かないザ大学生がノームコアの潮流を意識して履いちゃってるなアハハ、と俯瞰してしまって、そんな自分にも辟易していた中での出会いであるーーー


2016.09.03 JJDP (@jjdp_kobe) • Instagram photos and videosがオープンすることをお得意のネットサーフィンで知る。「夏休みなので自分はお金持ち」というドープな論理を携えて興味本位で店に入ってみる。店を出る時にはconverseChuck TaylorとSupremeが手を塞いでいる。出会ってしまったのである。


では一体、何がピンときたのか。


  • 色味

誰がどう見ても最高である。以上。

  • 「All Starではない」

ChuckTaylor集めてます的なオヤジがLightningとかで取り上げられてたりして、ChuckTaylorとAll Starはおおよそ別物なんだなあ6ヘェ、程度には知っていた。が、実物を見るとまるで違ってたまげた。良さがすごい。すごい良さ。タモリも20ヘェである。初のコンバースChuckTaylorになることもやはりどこか高まる部分があった。ブランド力に殺されてしまったとも言う。

  • 履き心地

単にAll Starとステッチやヒールパッチ等のデザインが異なるだけでなく、ソールのクッション性がケタ違いに良い。逆に、形容詞「ケタ違い」はこのクッション性能の差を表現するために生まれてきたということをご存知だろうか。「下駄"甲"と下駄"乙"の話」として遥か昔から伝えられている。














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
brake
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
















さて、夏が過ぎ風あざみ、我が身世にふる眺めせし間に、最後のキスはタバコのflavorがして。

あろうことか現在ハイカットAll Starを履いてしまっている。あれほどChuck Taylorは良いンゴねぇと溺愛していたのにも関わらず、あろうことかAll Starを履いてしまっている。Chuck Taylorの次にAll Starを買ってしまい、第一志望は譲れないと言い張りながらも地方駅弁に受かってしまう受験生の気持ちを感じる。まったくもって情けない。浪人しろ。



しかし事は単純で。
RIZEのJESSEがハイカットAll Starの紐を一番上までギュっと締めて履いている印象(こんな感じInstagram)が頭から離れず、月々の諸費支払のおかげか楽◯ポイントが溢れ返りそうなほど溜まっていたこともあって、である。ちなむと、神戸のこの人ハンパないInstagram




そして現在、

  1. 紐をギュっと一番上まで縛ることを粋に感じて
  2. 時間の無い朝に紐を結ぶための2分を捻出し
  3. クッション性能のありえんゴミみを我慢して

履いている。どう考えてもデメリットしかない。









finish
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
















思考①

私「好きな服を着るのはとても健全な行動なんだけどやはり行き交う人が同じ服着てる感覚に違和感覚えちゃうよね 」(参照wikipedia:川久保玲)

日本語の文体①

¶.3にあるように、「現在」形は「過去」も「未来」も表せる。京大英語で出題される随筆を読む上でのポイント、と河合塾の講師に教わる。

pick-up①

日本最大のセレクトショップBEAMSが、40年を跨ぐベストJ-POPとして「今夜はブギーバック」を採用したこと、アツい。
https://youtu.be/xmsxWmKz-B8